山東茶業組合

 山東茶業組合は、1965年に創業し50周年を迎えました。
日本経済上昇一途の中設立され、幾多の苦難、紆余曲折はあったものの組合員で協力し合い規模拡大、生産管理に意欲を燃やし、高級茶産地として地域茶業の発展に努力してきました。

 近年厳しい茶業情勢の中ではありますが、安心・安全はもとより東山茶、掛川茶ブランドを高めるため、そして更なる製造技術の向上を目指してきた結果、史上初となる三大品評会三冠を達成することができました。

 代々続く世界農業遺産「茶草場農法」による土づくりを基本とした生産、製造技術を若手に伝承し、先輩たちの研究努力が確実に現在の組合員に引き継がれているものと確信しております。

 地域茶産業の発展とブランドの確立に大きく貢献し、今後も組合員一家族とともに、楽しく、そして力を合わせ日々研鑽し、美味しいお茶を作り、お茶の心を伝え続けます。

代表理事 平井 寿博

  • 農事組合法人 山東茶業組合

    所在地
    〒436-0001 静岡県掛川市東山1983-1
    連絡先
    TEL 0537-29-5266
    FAX 0537-27-1304
    組合員数
    16名
    出 資 金
    72,960,000円
    茶園面積
    58ha
    保有建物
    緑茶加工施設(鉄骨造平屋)1棟、
    茶業会館(鉄骨造二階家)1棟
    機械設備
    寺田式 200K 4:2:3 二系列

  • 昭和40年
    山東共同製茶工場設立
    茶園面積 6.9ha 工場規模60K 1ラインで発足
    昭和45年
    茶園面積 15.3ha 工場規模120K 2:1:2 1ライン
    昭和50年
    山東茶業会館新築 茶園面積 17.3ha
    昭和52年
    第31回全国茶品評会深むしの部 第1回農林大臣賞受賞
    昭和53年
    組合名 農事組合法人 山東茶業組合となる
    昭和54年
    新工場新築 工場規模120K 3:1:2 2ラインにする
    第9回日本農業賞静岡県代表となる
    昭和55年
    第34回全国茶品評会 農林水産大臣賞受賞
    昭和63年
    工場規模120K 4:2:3 2ラインにする
    平成2年
    生葉自動コンテナ28,000K型導入
    平成7年
    7.5haレール施設導入(先進技術導入組合)
    平成8年
    工場規模120K 4:2:3 1系列、 180K 4:2:3 1系列更新
  • 平成9年
    レール7.5ha増設
    平成10年
    レール5ha増設(合計レール20ha)
    平成12年
    秋冬番茶終了後、工場増設と機械更新2名組合員加入
    (120K1系列を200K 4:2:3 1系列)
    創立35周年記念感謝の集い開催
    平成19年
    事務所、生葉受け入れコンテナ増設
    平成21年
    工場規模200K 4:2:3 2ラインにする
    平成23年
    T-GAP 3級取得
    平成25年
    静岡の茶草場実践者認定第一号
    平成26年
    T-GAP 2級取得
    平成27年
    農業生産法人認定
    創立50周年記念祝賀会を開催