山東茶業組合

2019年6月21日

2日間掛けて粟ケ岳の茶文字の草刈り作業を行いました。
この事業は掛川まちづくりの一環であり世界農業遺産茶草場農法と粟ヶ岳の茶文字の景観のため、3日間にかけてやります。
1日目は草刈りと刈った草を束ねる作業で粟ヶ岳は普段やっている草刈り場に比べ急斜面のため、草刈り場を登り下りするだけで大変です。
慣れない場所のため、草を束ねるにも落ちないよう踏ん張りながらで、1日で筋肉痛になりました。
工場の垣根を超え皆んなで和気あいあいと作業でき、昼ごはんも各自お弁当持参し粟ケ岳から見渡す東山風景は最高のご馳走でした。
東山のシンボルの茶文字でもあるので綺麗維持する事が大切であります。

戻る